受注・ビジネスマッチング事例

異業種交流会に参加するにあたって重要なのは「ビジネスに繋がるか」「継続的な付き合いに繋がるか」です。
名刺が集まるだけになってしまっては意味がありません。

今回は異業種交流会エンコレで実際に起こった案件で、今後も継続的に起こりうる一般的な受注・ビジネスマッチング発生事例を一部記載します。

※記載している成果事例は見聞きした中のごく一部です。また、主催者からお繋ぎした場合を除き報告をいただけるわけではないため、網羅もできておりません。
また、一つ一つの成果発生後の派生受注については追っておりませんので、入口部分のみです。

成果事例に関しては、他の成果事例やビジネスパートナー事例など、時々追加していきます。

簡易的な報告については「異業種交流会ご参加後のビジネスマッチング成果」に記載しています。

短期間での受注事例

多くはありませんが、初参加で数百万円規模の受注に繋がったという報告もいただいています。

このように短期間での成果に繋がるのが理想ですが、運の要素も出てきます。
付き合いを続けていく中で成果に繋げていくことが重要ですので、まずは人付き合いとしての交流を重視し、同様の成果事例に繋げていただけると幸いです。

ホームページ制作(地方と東京)

何度か参加されている東京都内のIT企業様が地方の企業様から受注された成果事例です。

地方から参加された物販の企業様がホームページを作成したいと考えていたようでした。
東京とは異なり、ホームページの制作をしたいと思っても知り合い経由で探すのが難しいため、インターネットで企業を探す方法しか無かったそうです。

しかし、会ったことも無い企業の中から探すことにリスクを感じていたため、東京の異業種交流会に参加し、実際にお話をする中で検討しようと思っていたとのことでした。

弊異業種交流会で出会った企業様が実際にその企業様の場所まで出張し、商品の体験をしたり長時間のコミュニケーションを取りながら理解を深めた上で提案をしてくれたとのことで、双方が納得のいく形でのお付き合いが開始した事例になりました。

異業種交流会が開催されていない地域も多いので、東京の異業種交流会ではこのような形式の成果事例も生まれることがあります。

異業種交流会エンコレには東京および東京周辺の参加者様でも事業立ち上げから期間が浅い方が多いです。
そのためホームページ以外でもコミュニケーションを上手く取れる方は相談に至る機会も必然的に増えるはずです。

士業(社会保険労務士)

異業種交流会エンコレには士業の方も多くいらっしゃっています。
知り合った士業の方々で組んで動くようになることもあるようですが、名刺交換がきっかけで受注に繋がった例も幾つか聞いています。

今回の例の方は仕事の殆どを異業種交流会から受注できているそうです。
小さな顧問契約から信頼を得て大きな顧問契約に繋がっているという例が何度もあるようですが、弊異業種交流会においては下記の事例のようでした。

とある助成金が始まったときに、その助成金が当てはまる企業様がいれば・・・と自己PRタイムでお話をしたところ、参加者の方から声がかかり、助成金の申請をサポートするという流れに繋がりました。
聞いたときはその段階のお話でしたので、その後についてはまだ聞いておりません。
時間をかけて顧問契約に繋がっていくことも多いため、その後の継続的な人間関係作りが重要です。

この成果事例については、自己PRタイムで的を絞った明確なプレゼンをされたことが大きな理由です。
士業様につきましては「なんでもできます」よりも、的を絞ったアプローチをされている方が成果に繋がるケースが顕著に表れる業種だと思われます。

探偵調査会社

詳しく載せることはできませんし、当然私も詳細を教えていただいておりませんが、
信用調査依頼、素行調査、所在調査、○○調査、セミナー依頼など、企業向け・個人向け共に意外と調査依頼があるそうです。
名刺交換をした方だけではなく紹介も多いそうです。

弊異業種交流会でも1年で100万円以上の受注には繋がったそうです。
今年(2014年)は昨年知り合った企業様から信用調査依頼が30件まとめて受注されたり、更に年間400万円程の継続的な売り上げになりそうな付き合いが生まれるなど、過去に出会ったご縁を活かして大きな成果に繋がっているようです。

印刷業務

異業種交流会に何度も参加される方の場合、名刺もかなりのペースで減っていきます。
そのため、小さい金額ですが名刺等の印刷代を削減するというニーズも大きいです。

印刷業を営む企業はたくさんありますが、同じ紙質でも金額や納期は企業によって様々です。

以前参加された企業様では価格が安く納品にも時間がかからない企業様がいらっしゃいました。
やはり反響はあったようで、受注にも繋がったようです。
ただしこれは異業種交流会の質ではなく企業努力の結果ですね。

名刺は少額ですが継続性もあり、ニーズがあれば他の印刷物の受注にも繋がるため、その後の長い付き合いが期待できるという例です。

この事例に関しては、印刷のみならずデザイン・広告・助成金等様々な事例にも当てはまりますし、実際に成果事例もいただいています。

中古オフィス機器販売

事務所移転と拡大を検討中の企業様が参加された際に、中古オフィス機器の販売会社様が参加されたときの成果事例です。

元々は全て新品で揃える予定だったそうですが、中古品でも大きく品質は下がらないことがわかり、PC・電話機・コピー機・デスク・パーテーションなど多くの経費を大幅に削減できたそうです。

この企業様には地方から東京進出を検討中の企業様を主催者から紹介させていただいたこともあります。

上記以外にも単発の案件等も受注できているそうです。

弊社も多くのご参加企業様とのご縁によりコストダウンができております。


その他にもBtoB、BtoC様々な案件について成果事例を伺っています。
今後も皆様から成果事例を伺えることを楽しみにしております。

主催者人脈と参加者様のビジネスマッチング

参加者様同士の成果事例につきましては、たまたま会話の中で出てきたことしか知り得ません。
そのため、主催者人脈と参加者様とのマッチング事例についても幾つか記載いたします。

異業種交流会は主催者こそが積極的に動く場だと思っておりますので、皆様にご挨拶をさせていただけますと幸いです。

※初顔合わせの方に紹介はできませんので予めご了承ください。紹介や成果は他の方と同様、お付き合いの中で発生していくものです。

軽貨物の運送企業

近年ネット注文が増えたことに伴い、軽貨物の物流企業へのニーズも高まっています。
多くの企業が儲かっているということではなく、一部の企業に仕事が集まり、多くの企業は仕事に困っているというのが現状のようです。

参加された企業様は仕事が多すぎてドライバーが不足しているという状況で、仕事ではなくドライバーを探しているとのことでした。
その後、すぐではないですが間を空けて東京と東京周辺の方を計4名を紹介しました。
ドライバーということではなく、FCによる独立志望という形での紹介です。

加盟金が無い等リスクが低いため4名中2名が独立して業務をスタートし、ドライバーも各々10名以上になるなど順調に業務を拡大しているようです。

ホームページ制作

主催者知人のファイナンシャルプランナーの方でホームページを制作している企業を紹介してほしいという話が来たので、継続的にお付き合いが続いている参加企業様を紹介いたしました。
その後実際にホームページ制作が始まり、大体200万円くらいの案件になったようです(発注側から聞いた金額です)。

その後もファイナンシャルプランナーさんの動きの変化に合わせてリニューアルを行うなど、継続的なお付き合いができているようです。

士業(弁護士)

異業種交流会を主催していると「○○の件で困っているのですが良い方はいませんか?」と相談をいただくことがあります。
BtoBだけでなく、主催者は異業種交流会には出ない一般のサラリーマンの方との人脈も別の場で作っているため、BtoC相談頻度も多いです。

例として弁護士さんを挙げると「交通事故に遭った」という一般的なものから「医療過誤(ミス)に遭った」という難しい案件まで様々です。
そのときに異業種交流会をきっかけに継続的に付き合いがある方、または元々の知り合いで何らかの案件に自信を持っている弁護士さんを選んでお願いしています。

そのため弁護士さんに限らず、できれば「○○の案件が得意です」「○○のような方に安心していただいています」といった形で教えていただけるとお声がけしやすいので助かります。

不動産投資

主催者は普段から資産運用に関心が強い方々と知り合う機会が多い環境に身を置いています。
そのため、資産運用商品に関するニーズは非常に強いです。

弊異業種交流会参加者様、および参加者様からご紹介いただいた企業様の中から優良だと判断した企業様を選定し、継続的に面倒を見ていただいております。

おそらく年間5億円を超えない程度ですので不動産市場における成果としては少額かもしれませんが、主催者知人の多くの方がノークレームで満足のいく投資ができています。

不動産鑑定士と行政書士

弊異業種交流会に過去の参加者様からのご紹介で行政書士の方がいらっしゃいました。
相続を中心に動いているということでしたので、その話題について会話をしていたところ、
「不動産鑑定については独立前の法人で付き合いがあった会社に依頼しているけど、良いところを自社で探している」
とのことでしたので、主催者の知り合いを紹介しました。

創業20年で官公庁・公益法人や民間企業、個人の方など幅広く行っており表彰も受けている経験豊富な方で、会ってお話をした結果、案件が出たときに継続的に依頼をするという話に繋がりました。

2015年に相続税の基礎控除額が縮小されるため、東京都内および東京周辺に土地をお持ちの方で対象になる方が増えることに伴い、相談件数も増えそうですね。


その他にも歯科医師、整体師、コーチングなどのBtoC、ホームページやシステム開発、士業顧問契約、人材派遣、コンサルタントなどのBtoB、様々な紹介事例があります。
皆様とのお付き合いの中でビジネスが発生し、継続的に成果に繋げ合う関係ができますと幸いです。

ビジネスパートナー

異業種交流会は受注以外にビジネスパートナーとしての相互活動に繋がることが多いのも特徴のひとつです。

営業力がある企業様同士で組むと、継続的に仕事を発生し合っていけるのが大きなメリットです。

初参加から暫く経ってから参加者様のホームページを拝見すると、いつのまにか他の参加企業様がパートナー企業や主要取引先に記載されている場合も何度か見かけました。

システム開発

  • PHPを得意にしているがJavaは強くないため、それで受注を逃すことがある。そのためJavaをメインにしている企業と組みたい。
  • 仕事が多すぎて受注し切れないときがある。そのような状況に陥る企業同士で、抱えきれない部分を外部委託し合う関係企業を探している。

のように、システム開発企業様の場合は協業という形式で繋がることも多いようです。
主催者からもマッチングさせていただいたことが何度かあります。

得意・不得意という点ではデザイン関係や士業(特殊な業務や助成金)等も協業が起こるようです。

士業

士業の場合は法人設立から顧問契約まで一連の流れを士業で行うことが多いため、パートナーとしての動きになることも多いです。

「付き合いが続く中で信頼関係が築けた」「とある業種を得意としている」「独立したばかりの方同士」等の場合に一緒に動いていく機会が増えるようです。

オフィス全般

  • 経費削減の場合は、賃料削減から通信費・輸送費・公共料金・その他経費の削減ができる企業同士
  • オフィス移転や創業の場合は、不動産賃貸・オフィス機器・士業

のように、多くの企業が関連してきます。
実際に異業種交流会エンコレで出会った同士+他の異業種交流会で出会った方々でチームを組んで動いているグループもあります。

最初は小さい案件から信頼を得て大きい案件に繋げる

当たり前の話ですが、信頼関係を築くに至るまでの期間は大きい受注金額に繋げるのは難しいです。

まずは小さい案件からコツコツと顧客の信頼を積み上げていき、やがて大きい案件に繋がるという話が多いです。
異業種交流会はビジネスの入口部分ですので、弊異業種交流会においても信用が得られるまでは小さい案件の成果からスタートする場合が多いです。

業種にもよりますが数万円、数十万円の案件から数百万円、数千万円の案件やJV(ジョイントベンチャー)の話に繋がる可能性もありますので、末永い付き合いを意識した交流をしていただけることを願っております。

異業種交流会参加申し込み